• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
S_NOTE
更新はしませんが役に立ちそうなものは残しておきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
前提知識①

 マビノギにおいて生命力が減る手段は多きく分けて2つになる。
1つは敵から攻撃を喰らうダメージ(Damage)
もうひとつは毒などの失う(Loss)

分類はこんな感じ
Damage:攻撃を喰らう
Loss:毒・蜃気楼・ミルの反動・エンチャントによる増減
   タイトルによる増減・負傷中毒

前提知識②

 デッドリーの下限は素のライフの符号反転した値。
だがそれはDamageの際に限り、Lossはその値を超える。
例を挙げれば変身状態でミルを連打すればどこまでも下がる。(限界値があるかは不明)

前提知識③

 ミルの反動は補正ライフの10%だが、それは少数も含まれる。
すなわち補正ライフが10の時は0.1消費する。

前提知識④

 補正ライフをエンチャントなどにより0(1かな)以下にしたとき、
表示は1になるが、それは少数も含まれる。
仮に19.3からエンチャントにより20減少させた場合
補正ライフは1.7か1.3になる。

約1名のための本題

 X/Y(-Z)とする。

 Y>Zの場合。
XはZ未満にはいかなるDamageによっても減少しない。
しかし、前提②よりLossはZ以下まで減少するため
Xが0以下になって、1以上になるまでにDamageを貰うと
極楽浄土に旅立つ事になる。

 Z>Yの場合。
まったくDamageでは変動しなくなる。

 以上から、Yの値が大きいと前提①②より自分のミルで自爆するため
アタック・ジャイアントとの兼ね合いが難しくなるのよ・・・
スポンサーサイト
page top
Copyright © 2005 S_NOTE. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。